HOME > ABOUT
> いちばん星南相馬とは? > 理事長挨拶 > 団体概要 > 事業概要 > 沿革・目的 > アクセス

 いちばん星南相馬とは?


平成23年3月11日発生した東日本大震災は、未曾有の大地震と大津波により、尊い命と財産を奪うとともに、地域の社会的機能に壊滅的な被害をもたらした。また、未だ収束に至らない原子力災害やそれに伴う風評被害により、地域住民の生活や地域産業の崩壊など深刻な状況に陥っています。

このような中で、被災者に「元気」と「希望」を与えてくれたのが国内外からの多くの温いご支援でした。震災以降、市内避難所、仮設住宅等を支援してくださった方々は、延べ3,000人(個人、団体)を超すものと思われます。また、多くのボランティアさんは、複数回支援に訪れ、現在でも、継続的に支援を続けてもらっている状況であり、今後とも継続的に南相馬市を応援してくれるとの暖かい言葉をいただいています。

このことから、行政等の支援をいただきながら、当法人が支援者の思いと被災者との架け橋的な活動の展開をし、継続的な交流を図り、被災者・支援者の関係を超えたを結んでいくことを目的に設立しました。また、被災地に家を失った人たちの「村づくり」や職場を失った人たちの「働く場所づくり」「新規事業の開発」などにも取り組みます。

↑ページ先頭へ



 理事長挨拶

理事長:星巖(ほしいわお)
理事長:星 巖(ほしいわお)

星博美(ほしひろみ)
星 博美 (ほし ひろみ)
平成23年3月11日発生した東日本大震災、そして、福島第一原子力発電所事故から早4年が経過しようとしています。

当プロジェクトの目的である「地域の復興・再生を図り、新たな活力ある地域を創造」するとして、各種事業等に邁進してきたところでありますが、「縁を繋げて、縁を響かせる」活動は、メンバーの努力と被災者、支援者のみなさまのおかげで何とか「縁を響かせる」ことができてきたかなと感じております。

一方、地域の課題等は、日々刻々と変化してきており、変化に対応した事業の展開が重要だと痛感しています。

とりわけ、「農家民宿いちばん星」を核として、地域のみなさん、そして、支援者のみなさんが憩える場所づくりと当プロジェクトメンバーが中心となる「旬・直・おすすめ便」(農産物等の販売)の取り組みを拡大します。

このことは、これまでの活動でようやく見えてきた方向です。
私どもが頑張ることで新たな地域の創造が拓けると確信しています。




このたび、いちばん星南相馬プロジェクトでは、皆さまと一緒に、福島・南相馬の復興に全力で 取り組んでいくために、会員制度を設け、全国の法人あるいは個人の皆さまを 対象に「正会員」「賛助会員」を募っています。

いちばん星南相馬プロジェクトの目的や活動に賛同し、
ともに活動していただける皆さま のお申し込みを心よりお待ちしております。
入会のご案内はこちら

↑ページ先頭へ



 団体概要

団体名一般社団法人いちばん星南相馬プロジェクト
理事長星 巌(ほし いわお)
所在地福島県南相馬市原町区金沢字追合116番地 (→Google地図)

より大きな地図で いちばん星南相馬プロジェクト を表示
連絡先TEL:0244-26-9461 FAX:0244-26-9462
E-mailstars@ichibanboshi-minamisoma.org
URLhttp://www.ichibanboshi-minamisoma.org/
設 立平成24年4月3日(2012年4月3日)
事業内容 (1) 被災地の集団移転を核としたコミュニティづくりによる生活、
   産業、経済基盤の復興・再生事業
(2) 復興支援ボランティアを支援する事業
(3) 高齢者の生きがいづくりによる生活支援事業
(4) 各種イベント開催等による文化、芸術及びスポーツ振興事業
(5) 放射性物質、有害化学物質等の除染を支援する事業
(6) 太陽光発電、風力発電等の再生可能エネルギーを支援する事業
(7) 各種イベント開催等による子どもの健全育成を支援する事業
(8) 水耕栽培等の新規事業による高齢者、子育て世代等の雇用機会の拡充事業
(9) 旅館・農家民宿等の宿泊施設、及び、農家レストラン等の経営事業
(10) 「旬・直・おすすめ便」事業
(11) その他、当法人の目的を達成するために必要な事業

↑ページ先頭へ



 事業概要

農家民宿いちばん星 @農家民宿「いちばん星」

・地元のお母さん達がおもてなしいたします!
・“みんなが先生”をモットーに楽しいカルチャー
 教室やミニ演奏会を。
・緑豊かな花木が咲き競う里山と一体になった
 自然公園づくり

交流拠点「巖の湯」と「牧場」 A交流拠点「巖の湯」と「牧場」

・大浴場やいちばん星牧場で、
 地域の新しいコミュニティづくり
・宿泊客や地元住民が集い、
 体験や交流の活動拠点に。
・地元住民、南相馬、浜通り、さらには全国からの
 ボランティアさんらの交流拠点
・復興の情報発信、受信を積極的に行う

仕事創出「旬・直・おすすめ便」 B仕事創出「旬・直・おすすめ便」

・地元生産者さんの特産品・加工品等の
 定期販売「旬・直・おすすめ便」
・高齢者の皆さんにも軽労働や地域活動に参加
 してもらい、自律的生活を楽しむ。
・子育て世代や若い世代も働ける仕事の創出を
 めざします。


安全な高台移転 C安全な高台移転

・住み慣れた集落の人たちとの共同移転
・防災を考えた高台住宅地
・住民主体の新しいコミュニティづくり

↑ページ先頭へ



 沿革・目的

【目 的】
  当法人は、東日本大震災による被災から、地域の復興・再生を図り、
  新たな活力を創造することを目的とします。
「いちばん星牧場」 大浴場「巖の湯」2014/10/19
「いちばん星牧場」と、大浴場「巖の湯」が同時オープン。
いちばん星フェスタ2014 2014/10/18-19
「縁を響かせる!いちばん星フェスタ2014 in 南相馬」を開催。
>> 詳しくはいちばん星フェスタ2014のページをご覧ください。
NHK 2014/3/2
NHK福島局「はまなかあいづ」の放送でいちばん星南相馬の活動が紹介されました。
>> 詳しくは活動報告ページをご覧ください。
6次化実践塾 2013/5/16-9/26
「6次化実践塾・交流拠点熟」(全12回)を開催。
>> 詳しくは6次化実践塾・交流拠点活用塾レポートをご覧ください。
炊き出し 2013/5/20
鹿島区の応急仮設住宅で炊き出しを行う。
>> 詳しくは活動報告ページをご覧ください。
農家民宿 2012/12
農家民宿いちばん星がオープンしました。
>> 詳しくは「農家民宿いちばん星」をご覧ください。
2012/4/3
一般社団法人いちばん星南相馬プロジェクト設立。
関連写真が入ります 2011/3〜
避難所責任者として避難者の皆さんのお世話を担当。
>> 詳しくは活動報告ページをご覧ください。
東日本大震災発生 2011/3/11
東日本大震災発生

↑ページ先頭へ



 アクセス

一般社団法人いちばん星南相馬プロジェクト
福島県南相馬市原町区金沢字追合116番地 (→Google地図)
TEL:0244-26-9461 FAX:0244-26-9462
メールアドレス:stars@ichibanboshi-minamisoma.org



より大きな地図で いちばん星南相馬プロジェクト を表示

種別 区間 時刻表 運行会社
電車 亘理駅-仙台駅 運行時刻表(外部リンク) JR東日本(仙台支社)
原ノ町駅-相馬駅 運行時刻表(外部リンク) JR東日本(水戸支社)
バス 相馬駅-亘理駅 運行時刻表 [8KB pdfファイル]  JR東日本(仙台支社)
仙台直行便 運行時刻表(平成25年9月5日現在) 東北アクセス株式会社
仙台特急便 運行時刻表(平成25年9月5日現在) 東北アクセス株式会社
福島駅西口 運行時刻表(平成25年9月5日現在) 東北アクセス株式会社
原ノ町駅-福島駅 運行時刻表(平成25年5月1日改正) 福島交通
原ノ町駅-相馬営業所 運行時刻表(平成24年10月1日改正) 福島交通

趣旨に賛同して頂ける方の正会員・賛助会員を募集しています!!
一般社団法人いちばん星南相馬
福島県南相馬市原町区
金沢字追合116番地
TEL:0244-26-9461
FAX:0244-26-9462

stars@ichibanboshi-minamisoma.org

農家民宿いちばん星
一般社団法人いちばん星南相馬公式ブログ
一般社団法人いちばん星南相馬facebook
6次化


↓『古民家びと』に掲載されました! 古民家びと



第一種動物取扱業
福島県26相保展示第10号




商標登録:第5691490号



公衆浴場法許可証
福島県指令相保第571号